2021年4月27日火曜日

錢琨 講師

  


錢琨先生のブログ記事


錢琨先生の授業紹介


教員一覧に戻る

□研究室 : 文系センター棟8階 801号室

□専門分野 :文化心理学 (→心理学って?

□現在の研究テーマ:
 「認知心理学における文化比較の再定義:日芬フィールド実験研究を通して」;「多文化環境における錯視の生起因の解明〜フィールド実験の手法を用いて」;「顔と身体表現の多文化比較フィールド実験研究」など
 
□教育研究活動:
 出身は実験心理学ですが,その後フィールドワークの研究手法を学び,東南アジア(タイ・ラオス・インドネシア・カンボジア),フィンランド,日本,中国などで心理学のフィールド研究をやっています。2020年は,コロナ禍でフィールド調査が実施できず,その代わりにコロナ禍における行動研究をいくつかしました。現在もコロナ×心理の研究を続けながら,いつかフィールドに行ける日が来ることを心待ちにしています。現在進行中の教育研究活動は以下となります:
・コロナ禍での人間行動,例えば食行動や予防行動など(日本国内でのオンライン調査) 
・顔認知の文化間比較(フィンランドと東南アジアでのフィールド実験研究)
・昆虫食にまつわる心理学研究(日本では甲信地方,海外ではドイツから東南アジアまでフィールド調査)
・錯視研究(これまでは日本の実験室でやってきました。これからはフィールド実験をやります。)
・ポジティブ教育(ヘルシンキ大学の研究者と連携して,糸島市で研究・社会活動をやっています。)
・食文化(コロナ禍での食や昆虫食以外にも,食全般に興味があります。)

 
□担当科目(2021年度):
 心理学AB、文化学演習Ⅰ・Ⅱ、文化心理学、心理学研究法(分担)、文化学科で学ぶⅡ(分担)

□提供できる模擬講義
「世界の果てまで心理学」
「フィールドワークと心理学」
「食にまつわる心理学」 など


□受験生へのメッセージ:
心理学はいま「再現可能性の危機」に臨んでいます。過去に行われた多くの心理学研究は,同じ方法を使ってもその結果が再現できないという問題です。それを解決するためには様々なアプローチはありますが、私はなるべく「多様な」人間から一次データを集めることが重要だと思います。そのため,世界中様々な地域にアクセスして,フィールドワークを通じて調査を行っています。旅をしながらできる心理学研究,一緒にやってみませんか!
□卒業論文について
上記私の研究活動に関するテーマはもちろん,人間のこころと行動の多様性や,文化によるこころと行動の多様性など,「サイコロジー×ダイバーシティ」の視点から出発したテーマはなんでもオッケーです!東南アジア,フィンランド,日本国内のフィールド調査に行ける方/行きたい方,大歓迎です。








0 件のコメント:

コメントを投稿