2020年4月18日土曜日

開田奈穂美 講師




□開田奈穂美先生のブログ記事
私がワクチンを接種する理由


□開田奈穂美先生の授業紹介


教員一覧に戻る

□研究室 : 文系センター棟8階 802号室

□専門分野 : 環境社会学  (→社会学って?)

□現在の研究テーマ:諫早湾干拓事業に関連して、大規模な公共事業によって自然環境が改変した地域において、住民が自分たちの生活環境をどう捉えているのか、インタビューやアンケート調査を手掛かりに明らかにする研究をしています。

□教育研究活動:地域の自然環境が大幅に変わってしまったときに地域住民がどう対応していくのか、イノシシや野鳥などの野生動物とどう付き合うのかといったローカルな問題から、地球環境問題に代表されるグローバルな問題まで、自然環境に関することを社会学の観点から研究・教育しています。 

□担当科目(2021年度):社会学AB、リスク社会論、マスコミュニケーション論、情報処理入門、情報処理実習など

□提供できる模擬講義
「環境の社会学」
「水はどこから来るのか、どこに行くのか」


□受験生へのメッセージ:
 自分の身の回りの出来事やニュースを見ていて、何かがおかしいと感じることはありませんか?その疑問を大事にしてください。文化学科ではその疑問を言葉にして、必要なデータを取り、他の人に説得的に論じられるようになるお手伝いをします。

□卒業論文について
 私の専門分野は上記の通りですが、卒業論文のテーマは特に限定しません。インタビュー、社会統計、参与観察など、様々なデータを取得し、それを読み解いていきながら、自分の関心のあるテーマについて説得的に論じられるように指導をしていきたいと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿