2018年4月26日木曜日

中村 亮 准教授



□中村亮先生のブログ記事
タンザニアで「父」になる


□中村亮先生の授業紹介


教員一覧に戻る

□研究室 : 文系センター棟8階 807号室

□専門分野 :   (→文化人類学・民俗学って?)

□現在の研究テーマ:インド洋西海域世界の比較研究、漁民文化
 

□教育研究活動:これからの研究課題は、スワヒリ海岸と紅海沿岸のイスラーム海村研究を発展させた「インド洋西海域世界の比較研究」と、②日本の里山里海的な資源利用・管理の地域知・技術を海洋保護区政策へ応用してゆくことです。アフリカ・中東・日本で実施される国際的な研究成果を大学教育に活かしてゆきます。
 
□担当科目(2018年度):
 文化人類学A・B、文化人類学特講、社会人類学、文化学研究法、基礎演習Ⅰ・Ⅱ、文化学演習 Ⅰ・Ⅱ


□提供できる模擬講義
「供養の比較文化」


□受験生へのメッセージ:
 「常識への挑戦!」これが文化人類学のスローガンです(と私は信じています)。文化人類学のメガネをかけて世界を眺めてみましょう。いろいろな文化的価値を知ることで、きっと、人生が豊かになるはずです!

□卒業論文について
 私が指導できるテーマは、自然と人間とのかかわり、生業、信仰などですが、卒業論文のテーマは、みなさんが一番興味のあること/好きなことを選んでください。そのことについてより深く理解し、考えて、自分なりの結論を導きだせる方法と技術を、文化人類学の観点から指導してゆきます。とくに重視するのは「わかりやすい記述」です。ぜひ、大学時代に「解明したいこと」をみつけて、それに取り組んでみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿